【ご案内】イエルのアーカイブページ&最新ニュースはこちら

イエルは、コロナ禍の2020年に始めたプロジェクトです。

イエルは、コロナ禍2020年9月に立ち上げたトークLiveプロジェクトです。
イエルの語源は「言えるは、癒える」また、「誰かにエールを送る」意味の造語。
「インスタLive」を通じて、『心と身体をととのえる、癒す活動』をするプロフェッショナルと対談するコンテンツとして始まりました。ご縁のある方に登場してもらっていますが、年齢、性別、ジャンルを超えての共通項は、オリジナルのやり方でおもしろく生きる人。

毎回掲げたテーマに基づいてお話をうかがっています。リモートで画面越しに対話しながら、取り組まれている仕事のインフォメーションも致します。Liveではチャット機能を駆使して視聴する皆さんからの書き込みも可能。不定期開催ではあるものの、原則として「水曜日はイエルの日」としています。水曜日以外も開催することがあるため、その都度Liveの曜日や時間は相談で決めています。早くコロナ禍あけてリアルで会いたいですが、遠方ともつながれるインスタLiveの可能性を毎回実験しながら行っております。

アーカイブ一覧ページをリニューアルしました。

心と身体をととのえるLiveトーク「イエル」のゲストとご登場いただいた日付を記録しておくアーカイブ一覧ページを設置しました。できる限り近々の配信予告も載せます。配信後はInstagram動画アーカイブからもご覧いただけます。ゲストで登場された方とのインスタLiveアーカイブ、トークテーマ、BlogやHPほかInstagramのリンク先をこちらのページで掲載しています。

vol.42【再】2022.9.20以降 さめさめぱんださん 切り絵作家

「60からプロになる」

9.14の配信がうまくいかず20日以降に再度配信します。切り絵イラストで日々の小さな物語「ひめくりこよみ」を毎日投稿されているさめさめぱんだ、Mさん。中学校で美術教師として教鞭を取ってこられ今春定年退職。長年の夢であった切り絵の世界を独自に開拓し、半径5メートル内の日常ネタでチョキチョキと切り出しSNSに投稿中。還暦からプロとして活動するユニークなM女史が10月初WS開催。その詳細についても伺います。

vol.412022.8.10 坂田雅子さん 映画監督

映画「失われた時の中で」

8.20ポレポレ東中野から全国順次公開のドキュメンタリー映画「失われた時の中で」についてお話を伺いました。ベトナム戦争で起こったことは遠い国の昔の話ではない。SDGsを語る今、改めて環境や平和について考えたい。50代半ばからカメラを担いでベトナムに渡り撮影してきた20年を振り返り、これからの作品についても語っていただきました。

「失われた時の中で」公式HP

vol.402022.4.13 原三奈子さん セラピスト

「アロマテラピーと栄養療法」

3月にオーソモレキュラー栄養エキスパートという資格を取得した原さん。セラピストとして施術を通して感じられていること、アロマテラピスト・リフレクソロジストがなぜ栄養の勉強を?1970年代から実践されているオーソモレキュラー栄養療法のお話を伺いました。

世田谷の隠れ家サロン「ホップラ!」HP

vol.392022.3.30 永田美絵さん 星空解説員

「春のお星見2022版」

今月リニューアルOPENしたばかりのコスモプラネタリウム渋谷。以前と何が変わったのでしょう?春はお花見だけでなく夜空を眺めるのも良い季節。今春はどんな星の動きが?深夜と早朝に輝く星の名は?癒しの解説員 永田美絵さんは昨春に続き二度目のご登場です。

コスモプラネタリウム渋谷HP

vol.382022.3.23 坪田智美さん 保護猫活動家

「ペットの声を代弁する仕事」

一匹の野良猫との出会いから活動が始まり現在32匹の猫に囲まれて暮らす多頭飼いのエキスパート。アニマルコミュニケーターとして活動をするともにゃんさん。ペットが飼いたくても飼えないお宅のためにオンラインで猫を飼うことも推奨。どんな猫活?じっくりお聞きしました。クラウドファンディング実施中!

アニマルコミュニケーターHP

クラウドファンディングCampFire

vol.372022.3.17 高橋匡美さん 命のかたりべ

「11年目の3.11を経て」

2015年から「命のかたりべ」として石巻を拠点に日本全国、海外に出向く。東日本大震災から11年となる3月。これまでの活動を通して何を感じられ、現地はどのように変化しているのでしょう。奇しくも前日夜に大きな地震があり、改めて災害の意識を引き締めてお話伺いました。昨年2月に続き二度目のご登場。

いのちのかたりべFaceBookページ

J:COM震災アーカイブ「未来へつなぐ命の語り部」

vol.362022.3.9 益子雅笛さん 精神科医・心療内科医/産業医

「コロナ禍カラダの守り方」

精神科・心療内科の外来診療の一方、産業医として働く人の健康管理・メンタルヘルスなどに携わる益子先生。2016年起業し株式会社M.D.PROJECT 代表取締役就任。人生をエンジョイする人のこころとからだの健康をサポートする「心身援助医(ココカラエンジョイ)」として精力的に活動されています。長引くコロナ禍で自分の体をどう守るべきか。ワクチン副反応事例などを踏まえ、接種を躊躇する方が参考にできるお話も伺いました。

株式会社M.D.Project

vol.352022.3.2 小池美枝さん 食医/yakuzen retreat®主宰

「ココロをケアする食」

肩書は表記の他、国際中医薬膳師、株式会社アール・ド・ヴィーヴル代表取締役として、食のプロデュース業を手がける。料理教室、療養食のコンサルティングにも携わる一方、2022年春に新しい中医薬膳メソッドとして、五感を使い食でココロのケアをするメソッド「yakuzen retreat®」を立ち上げ資格取得コースなども考案。心をケアする食べ物とは?お聞きしました。

株式会社アール・ド・ヴィーヴルHP

ラジオ番組「笑う薬膳」アーカイブ一覧

vol.342022.2.2 林利津子さん 林健商店代表取締役・毛髪診断士

「髪は健康のバロメーター」

髪の毛の美しさを最大限に引き出したいという願いから生まれたブランド「愛葵aoi」という猪毛ヘアブラシ。創業100年を誇る林健商店の逸品です。豚毛ブラシもあり使い分けも。朝晩効果的なブラシマッサージ法も伝授して頂きました。

林健商店aoi

vol.332022.1.19 瀬戸口めぐみさん 美容家

「手美容でリフトアップ」

コロナ禍でマスク下はたるみがち。加齢も伴い顔の肉が下がってきている…なんて悩みも。2021年まで『KohGenDo』ブランドディレクター。麻布本店サロンで25年以上施術を担当。手美容メソッドや開発化粧品は女優やヘアメイクの支持を集め、ハリウッド関係者にも人気を博す美容家の大ベテランにお話伺いました。

Instagram @megumi_setoguchi

著書「シンプル手美容」

vol.322022.1.12 三浦良泰さん 柔道回復師・カイロプラクター

「寒い時こそ腰をケア!」

寒くて体が縮こまる季節。じっと体を動かさないと腰だけでなく首と肩も痛めることに。そもそもコリとは?なぜ局所に集中するの?簡単なストレッチで腰を守りましょう。どうやってするのが効果的か?を腰痛解消のスペシャリストにお聞きしました。

下北沢・池ノ上「街のメディカル整骨院」「街のカイロ整体院」

vol.312022.1.5 早坂泉花さん 算命学鑑定士

「2022年ここまでわかる!算命学」

大手銀行で長年に渡り外国為替業務、及びリスク管理業務を歴任。退行後、早坂周鴻氏に算命学・四柱推命を師事。異例の経歴を持つ先生に算命学とは?2022年の運気は?天中殺とは?を伺いました。

離婚が心をよぎる40代の女性へ

cynosura.co.,ltd.

vol.302021.12.22 原三奈子さん セラピスト

「冬至に聴く体の声」

年内最後は真昼に送るインスタLive!忘年会もボチボチ戻ってきて食べ過ぎ飲み過ぎになりがちの季節。3か月に一度、季節の変わり目に登場してくださる原さんに冬至ならではのオススメアロマを聞いてみました。レモンのエッセンシャルオイルでデトックス?アロマディフューザーの選び方など目から鱗のお話!

世田谷の隠れ家サロン「ホップラ!」HP

vol.292021.10.20 杉山晴美さん 株式会社ハレプロ代表取締役/精神対話士

「9.11から20年を経て」

当時4.2.0歳だった息子たちも20年経ち、それぞれ成長しての今。これからやりたいと思っている仕事について。今販売中のSAKURAという自然派石鹸のこと。20年を振り返り、噛みしめ、新たなる活力になった出来事についてうかがいました。

ハレプロHP

vol.282021.10.6 ひらつかけいこさん ファミリーオーガナイザー/産後ドゥーラ

「産後ケアと家族支援」

産後の肥立ちが大切なのは昔から言われていることですが、傍に支えてくれる家族がいるとは限らない時代。ご飯の支度をバックアップしてくれる存在は心強いし、子どもが育ってからも「もう一人のお母さん」として頼れる存在に。子どもケアから家族ケアまで網羅して引っ張りだこな活動が目指すものとは?

ファミリーオーガナイザーHP

vol.272021.09.29 高橋健太郎さん 音楽評論家・市民団体代表

「どうなる?横浜旧市庁舎」

「山中竹春横浜市長は、横浜市の旧市庁舎の建物売却と敷地の定期借地の本契約を一旦停止し、市民との対話を図ってください」という署名をchange orgで行い大きな反響を得て市長へ提出しました。8月の市長選を境に熱い仲間がTwitterを介して集結。さて、9月30日の結論はいかに?

9月24日記者会見

Hear and follow Kentaro_Takahashi on SoundCloud

vol.262021.9.23 原三奈子さん セラピスト

「極める!秋のアロマ」

夏から秋へ移行する季節。2週間くらい季節が早回しになっているようです。少し朝晩冷えるし、体が追いつかない…なんてことも。3か月に一度、季節の変わり目に登場してくださる原さんに秋ならではのオススメアロマを聞いてみました。アロマで体の変化、実感できるかも。

世田谷の隠れ家サロン「ホップラ!」HP

vol.252021.8.25 林純子さん ジュエリーデザイナー/Pure Lucent主宰

「石は甦る」

箪笥の肥やしになっている宝飾品を今っぽいデザインに変えて、身に着けられるお気に入りにするリフォームデザインをメインに展開中。宝石は安くはないからこそ信頼できるデザイナーへ託したい。価格帯は?どんなデザインが今っぽい?石の特徴はどんな?などお話うかがいました。9月4.5日にリフォーム相談会を開催予定。ご予約など詳細はInstagramへ。

Pure Lucent

Instagram

vol.24 2021.8.21 青木マキさん グラフィックデザイナー・元横浜市議会議員

「緊急企画★横浜市長選大予測」

8月22日横浜市長選の前夜にマッキーを再度お招きして各候補者のスピーチや戦況を比較しながら選挙の大予測。たくさんのコメント、ご視聴いただきましてありがとうございました。なお、この回はアーカイブは残していません。悪しからずご了承ください。

青木マキHP

横浜未来アクション

vol.232021.8.4 いよりあきこさん アーティスト/デザイナー/Maison de Nijiro主宰

「クリエイティブの原点」

「世界を愛で鮮やかに彩ること」をビジョンに母娘で興したジュエリーブランド『Maison de Nijiiro』では心豊かなひと時を…とアートとジュエリーの2本柱で展開中。不思議なご縁を引き寄せる魅力的な作品。そのクリエイティブの原点とは?8/16〜8/29渋谷モディ1Fにて期間限定ショップ開催予定。

Maison de Nijiro Atelier&Salon

vol.222021.7.28 青木マキさん グラフィックデザイナー・元横浜市議会議員

「横浜市長選を考える」

8月22日は横浜市長選。名乗りをあげている現状顔ぶれについて。現市長の功罪、IR賛成・反対の重要性、最近の市政…など、元横浜市議会議員で優秀なデザイナーかつセンスのいいハンドメイドアクセサリー作家のマッキーが冷静に分析してくれました。

青木マキHP

横浜未来アクション

vol.212021.7.21 中村裕子さん イベントプロデューサー・NYパワーハウス(有)代表

「コロナ禍のブレイクスルー」

コロナ禍となりイベントがことごとく打撃を受けている中でも8月と9月に素晴らしい音楽ライブを予定。仕事以外でもコロナ禍だからこそ始めた楽しみも複数あり。子育てを終えセレブな奥様も卒業し離婚を経て今はひとりでコンパクトに暮らしつつ、なるべく笑顔で日々を送りたいのだそう。50代が一番パワー全開の時!という大先輩に、こんな時代だからこその突破法うかがいました。

NYパワーハウスHP

vol.202021.7.14 渡邊元美さん 管理栄養士・料理研究家

「毎日のご飯」

横浜高校野球部の寮母として長年にわたり野球児たちの胃袋を満たしてきた経験をもとに2020年7月から学生アスリート向け栄養指導&捕食サービス【omusubi】を展開中。日々のおうちごはんもアイデア満載、栄養満点なレシピ!モチベーションのあがるご飯づくりのヒントをいただきました。

お結び[アスリートのための身体づくりサポート]

vol.172021.7.7 田中清代さん 絵本作家・銅版画家

「わたしの描きたいもの」

6月に不具合で中断したので7月7日再配信。「トマトさん」「ねえだっこして」「くろいの」など多くの絵本を輩出してきた田中清代さん。絵画ではなく、なぜ銅版画なのか?表現したいテーマ。お気に入りの絵本の紹介、絵本読み合いっこも。静かな語り口から強く刺激を受けました。

田中清代HP

vol.192021.6.30 美炎さん 馬頭琴奏者

「音楽の可能性」

絵本「スーホの白い馬」でも登場する馬頭琴。ヴァイオリンと同じ弦楽器ですが自然と一体感を味わえ、お腹の底をくすぐられるような美しく力強い音色。コロナ禍だからこそ欠かせない音楽のパワーについて美炎さんにお話うかがいました。うっとりする演奏もチラリ。

美炎HP

vol.18 2021.6.16 大野睦さん ネイチャーガイド

「自然が教えてくれること」

世界自然遺産の鹿児島県屋久島。島の90%が森というこの島で25年間、人と自然をつなぐ役割を担ってきた大野さんは女性ガイドの草分け的存在。2001年に有限会社ネイティブビジョンを設立。今や10数名のガイドを取りまとめる代表として活躍中。屋久島の自然の素晴らしさ、とりわけウミガメについてじっくりお話をうかがいました。前半不具合が生じ後半部分のアーカイブです。

ネイティブビジョンHP

匠の蔵

vol.162021.6.2 原三奈子さん セラピスト

「梅雨時の心身を整える」

今回3度目のご登場。もうすぐ入梅で暦上では夏。植物もエネルギーが全開となる季節。エネルギーは放出しすぎるとバランスが取れなくなってくるそうです。心身へのストレス軽減するちょっとした工夫をアロマとリフレクソロジーの観点で教えていただきました。

世田谷の隠れ家サロン「ホップラ!」HP

vol.152021.5.26 みやおかみつるさん Jewerly&Accessories OLIVIAオーナー

「選択眼の磨き方」

ヒカリモノだけでなくバッグやショールなど身に着けるファッションアイテムをネットショップ中心にPopupshopでも展開するOLIVIA。セレクトされたモノはすべて、世界各国にいる職人の手仕事。価格は少しお高くても長く愛着をもって使える意味では持続可能なSDGsの視点も。オシャレなものを纏うだけで人としてのセンスも磨かれるモノの選択とは?をうかがいました。

楽天shop OLIVIA

vol.142021.5.19 岡本なるみさん 農花(nouhana)ヴィンヤード園主

「ワインをつくるということ」

農花(nouhana)ヴィンヤード園主の岡本なるみさん。長野県小諸の糠地でワインブドウを栽培し自然派ワインを醸造始め、今年初収穫。出版業界の編集者としてサラリーマン生活を4半世紀送り2016年に早期退職後、人生の後半戦をどう生きるか?と考えた結果、居心地のいい場所を作りたいという思いから一念発起。「2拠点生活」や「自然との共存」といったライフスタイルに注目が集まる今、その渦中におられる岡本さんに「ワインをつくるということ」をテーマにお話をうかがいました。日本ワインは奥が深い!

農花(nouhana)

vol.132021.4.25 秦万里子さん 音楽家

「今こそ表現筋を鍛えよ!」

コロナ禍で右手を骨折し、人生初のギプス生活となったことを転機に表現の方向性が、より明確になったとのこと。万里子さんにとってどんな音楽が推しか?アートやアクセサリー制作、お気に入り文具のデザインまで今や音楽以外にも創作の幅を広げる活動が示す意味とは?コロナ禍となり約1年、今こそ自分に枠を限定せずに自由な発想を!というメッセージ。聴くだけで元気になるので、しょんぼりしている人は絶対聞いてください(笑)。

秦万里子HP

vol.122021.4.14 大越章子さん 日々の新聞社 記者

「いわきは今」

地元紙の記者を経て、日々の新聞社の立ち上げから携わり、2003年の創刊以降、記者として取材、原稿執筆、編集などをされている大越章子さん。マザールの「被災者応援企画」では、いわき市の方との架け橋となってくださった大越さんに、3.11から10年経つ今、いわきはどのように変化しているのか。あるいは、していないのか。記者として現地から伝えたいことなど、お話し伺いました。

日々の新聞社

書籍『踊るこころー小野恵美の歳月』

vol.112021.4.5 永田美絵さん 星空解説員

「春のお星見」

ベテランの星空解説員 永田美絵さんにお花見ならぬお星見の見どころをうかがいました。暖かくなって夜空を眺めるのも楽しみな季節到来。なかなか明けないコロナ禍ですが、そんな時こそ夜空の美しさを堪能したい。春の星、自分の星、流れ星の探し方。5月26日皆既月食の楽しみ方、詳しい時間についても教えていただきました。何より癒される永田さんのお声。現在展開中の魅力的なプログラムもご紹介いただきました。

コスモプラネタリウム渋谷HP

vol.102021.3.10 谷英美さん 女優・アローンシアター主宰

「詩を読むということ」

金子みすゞの詩を読む活動を20年以上続けている女優・谷英美さん。3.10は奇しくもみすゞの命日でもありますが、みすゞを知るには残されたわずかな書簡しかありません。その詩の、言葉の奥に潜むものとは?『詩を読むことは、未知の自分と出逢う自分開放講座」と語る谷さんの活動についてもお聞きしました。また、3.11から10年経つ今、鎮魂の想いを込めて。推薦したい詩を一篇ずつ、互いに交換して読みました。

谷英美の稽古場

FaceBook

vol.92021.3.3 原三奈子さん セラピスト

「アロマとリフレクソロジーで花粉症対策」

世田谷でアロマ&リフレクソロジーサロン「ホップラ!」主宰する原さんが昨秋に続き2度目の登場。花粉症にはツライ季節到来。症状を緩和できるセルフケアとして、足つぼ刺激とアロマの使い方について詳しくお聞きしました。

世田谷の隠れ家サロン「ホップラ!」HP

vol.82021.2.18 高橋匡美さん 命のかたりべ

「かたり」

2011年3月11日東日本大震災により、生まれ故郷の石巻市南浜町一帯は壊滅的打撃を受け、実家の両親を亡くした。2015年3月から「命のかたりべ」として石巻を拠点に日本全国、海外に出向く。2017年5月からは、かたりべに死生学の授業を織り交ぜた金菱清教授(関西学院大学)とのオリジナルの講演も手掛ける。2018年より英語でのかたりべ活動も行う。生きることをエンカレッジする「かたり」についてお聞きしました。

命のかたりべFaceBookページ

vol.72021.2.4 熊田和美さん アクセサリー作家

「女ゴコロとひかりもの」

Fiore di Pesca(フィオーレ ディペスカ)というハンドメイドアクセサリーを製造販売。銀座、恵比寿、二子玉、横浜など各地での期間限定PopUpShopで人気を博す。ブランドファンをさらに広げるためブランディングに取り組みSTORY Bookを企画編集するマザールと、アクセサリーの魅力をたっぷりお話ししました。

Fiore di Pesca online-shop

vol.62021.1.11 石山あいさん ヨガインストラクター

「ヨガで筋力をつける」

横浜市緑区でヨガインストラクターとして「人生100年時代を元気に楽しく生きる」をモットーに指導。コロナ禍は女性限定ヨガオンラインレッスンを1時間1000円で活動中。詳しいスケジュールなどはBlogを参照ください。体の柔らかさを保つこと、筋力の大切さについてじっくりお聞きしました。

Blog「人生100年時代を元気に楽しく生きる」

vol.52020.12.16 杉山晴美さん 株式会社ハレプロ代表取締役

「美肌」

イタリアンBistro「晴ればーる」をコロナ禍で閉じ、新たに新規事業を興された杉山晴美さん。取り扱い商品の一つは赤ちゃんにもおススメできる肌にやさしい石鹸SAKURA。ピカピカな美肌になると笑顔も増える。これから手掛けるサービス、仕事への想いをたっぷりお聞きしました。

ハレプロの石鹸SAKURA

vol.42020.11.9 三浦良泰さん 柔道回復師・カイロプラクター

「腰痛解消」

広告会社の営業マンの頃、体を壊して一念発起。学校へ通い直して免許を取得し、この道へ。下北沢・池ノ上で「街のメディカル整骨院」「街のカイロ整体院」の代表を務める。病院では治らない人が駆け込む神の手をもつ施術師に、心と身体を整える「腰痛解消」についてじっくりお聞きしました。

下北沢・池ノ上「街のメディカル整骨院」「街のカイロ整体院」HP

vol.32020.10.19 矢野乃莉守さん プロボクサー/パーソナルトレーナー

「減量」

プロボクサーでありパーソナルトレーナーとして横浜で活動中。ランニングの仕方、トレーニングの目的を明確化することが大切と説く。リバウンドしない減量法、ダイエットと減量の違い。食事やトレーニング方法をアドバイス頂きました。

矢野乃莉守Instagram

vol.22020.10.10 原三奈子さん セラピスト

「香りの効能」

世田谷でアロマ&リフレクソロジーサロン「ホップラ!」を主宰。たくさんあるアロマから更年期に効く『香りの効能』についてお聞きしました。40代半ばから50代半ばの約10年間は女性にとって体の変化もあり大切な時期。香りで心身を整えたいものです。

世田谷の隠れ家サロン「ホップラ!」HP

vol.12020.9.28 星覚さん 雲水(禅の修行僧)

「坐禅」

ベルリン在住の雲水 星覚師とつないでの対談。これまでマザールでリアルで坐禅会を開催してまいりましたが、コロナ禍となりリモートでの講和と坐禅を不定期開催。今なぜ坐禅か?坐ると何がわかるのか?実際に坐禅の時間を設けて語っていただきました。2021年は家族で日本に移住。またリモートでつなぐ予定です。

彼岸ネット

カテゴリー: online パーマリンク